正しいバストの測り方を実践することで美乳になる!

正しいバストの測り方を実践することで美乳になる!

正しいバストの測り方を実践することで美乳になる!

バストは、できれば毎月サイズを確認した方が良いと言われています。下着売場へ行けば測ってもらうことはできますが、毎月下着を買うのは、なかなか難しいですよね。測ってもらっているのに、毎回何も買わずに帰ることもできません。

しかし、正しくバストのサイズを認識していないと、自分にブラジャーが合っているのか判断できません。ブラジャーは、サイズが大き過ぎても小さ過ぎても、形を崩したり、離れてしまったりと様々な原因になり得ます。

自分で正しく測ることができれば、チェックもしやすくなります。こちらでは、正しいバストと測り方についてご紹介していきます。

バストのサイズは、トップとアンダーを計測しなければなりません。トップは、バストの中でも一番大きいサイズを計測します。乳首があるあたりが、それに該当します。セルフで計測する時は、背中に当たるメジャーがよれてしまったら、斜めになってしまったりするので、鏡を見ながら測ると測りやすいです。

そして、アンダーも計測します。アンダーは、バストの膨らみのちょうど下の部分になります。一番細い部分です。こちらも、鏡を見ながらの計測をオススメします。

バストトップのサイズ、そしてアンダーとの差からブラジャーのサイズが決まってきます。ですから、計測する際はどちらも重要なのです。どちらも測り間違いをしてしまうと、サイズも正しく認識できないので、要注意です。

バストを測ることが習慣化していけば、計測にも慣れていくので、段々要領が分かっていくはずです。正しいサイズを知ることが、美乳への第一歩なのです。

バストにシリコンバッグを入れて確実にサイズアップするには

豊胸手術において、最もメジャーでもあるシリコンバッグによるバストアップ。今は、メスを入れないプチ豊胸もありますが、シリコンバッグも根強い人気を誇っています。

何事においてもそうなのですが、シリコンバッグを入れることには、メリットとデメリットがあります。

そもそも、シリコンバッグについて明確に説明することも難しいですよね。シリコンバッグは、いくつか大きさがあるので、2?3カップ一気にバストアップしたい場合や1カップ程度バストアップしたい場合など、用途に応じて使い分けをすることが可能です。

ひと昔前までは、定期的にシリコンバッグを入れ替える必要がありましたが、シリコンバッグ自体が進化を遂げており、ずっと入れていても問題はなくなりました。定期的な観察は必要ですが、半永久的にバストアップした状態をキープできます。破損している場合は取り替えるべきですが、手間暇は昔より随分減っています。

また、触り心地に関しても心配な方もいるでしょうが、シリコンバッグ自体が柔らかいですし、それを皮膚越しに触るとすごく自然です。

脂肪を注入してバストアップする方法もありますが、痩せ気味で脂肪が少ない方は、シリコンバッグを入れる方が身体への負担も少なくて済みます。

ただ、シリコンバッグを入れる手術には、相当な痛みが伴います。内出血することもありますし、バストの触り心地が自然になるのにも時間を要します。しばらくは痛み止めを飲みながら生活しなければなりません。傷も残ってしまうので、決断する際はメリットとデメリットをよく把握して、納得した上で決めるのが良いでしょう。

winslow

未分類

No description. Please update your profile.

~~||~~Comments Are Closed~~||~~